クレジットカードの契約から商品やサービスの割賦購入、そして銀行や消費者金融のキャッシング契約では個人信用情報の登録情報が契約審査や更新審査などで用いられます。

生活をする上で、さまざまなサービスが個人信用情報を利用するというのが実態です。特にクレジットカードは、会員カードと一体となっているケースが多く、複数枚所持してしまうことも少なくはありません。

このような状況で注意が必要なのは、個人情報に変化が生じた際は全ての登録情報を変更する必要があります。利用頻度の高いクレジットカードやカードローンだけを優先し、他は放置しても個人信用情報から発覚し、利用停止や解約といったリスクに繋がります。個人信用情報には常に最新の情報が登録され、国内にある3つの機関が情報共有を行っています。そして、取引規約において契約者は変更が生じた際は速やかに申告することが義務付けられています。結果、申告漏れにより信用度を避けることになるため、個人情報に変化が生じた際は全ての契約先に連絡することが重要になります。

そして、手間やリスクといった点を考慮するのであれば、契約先は必要最小限に留めるという管理が重要です。先ずは情報の更新漏れにより、クレジットカードやカードローンが全て利用停止になるリスクは必ず認識しておきましょう。

カテゴリー: 申し込み